ハーフカウル化

CBR1100XXの排熱に耐えかねてハーフカウル化をしました
するつもりなかったけど・・・( ;´Д`)

油温計をつけて、夏になり・・・その油温の上昇率がすごいのなんの…
というか足がローストになる
VFRの排熱なんてクソ涼しいぜ みたいな・・・


経年劣化でグダグダになっている中身をお披露目するのもなぁ…

カウルを引っぺがしてそのままでもいいのですが、どうせやるなら社外部品をつけたかったのでセールを待ってたのですが
いざセールになって「2か月半待ち」とか出てきたのでがっかり・・・
夏が終わる

そんな時ヤフオクを見てたら状態がよさそうなものが落っこちてたので即行で落札
塗装されてたのでFRPかと思いきやカーボンに塗装してあるという物でした(; ・`д・´)


R側にガリ傷を補修した後があったので警戒をしましたが・・・どうやら立ちごけかなんかをしてできた傷にタッチアップペンかなんかでモリモリ補修してぼこぼこになったようで

ペーパーかけたら平らになりました

黒くします

塗装自体はやってもらったのでしょうか?_
なかなか強固そうなのでこの上から塗ることにしました


いつもな感じで






途中失敗したため残念なことに・・


ステッカーを作ったのですがあまり良くないのでやめました


ハーフカウル化を想定して輸入しておいたカーボンカバーもつけます



油温計の配線はシリコンガラスチューブで被覆し
カーボンカバーはエーモンの最強両面テープで
150度までか・・大丈夫か不安・・・


ちなみにこれが失敗した部位
今後修正せねば

全景











思ったほどひどくないし…

アンダーカウルを買わないとですな




戻る