CBR1100XXラジエーター&オイルクーラーガード取り付け

(この取り付けはかなり前にやったものです 2017/3/20頃)
中古購入したSBB
製造から17年経っているので色々な場所に老朽化が見られます
夏場にハーフカウル化をする予定だったのですが、カウルの中身がグダグダでとても見せらんない…
老婆のヌードみたいなもので(´・ω・`)

主な問題はオイルラインのカチオン電着塗装してあると思われるパイプの錆とエンジン回りの塗装ハゲ
そしてラジエーター&オイルクーラーの塗装ハゲ…

修正するのも大変なので個々に対処することにしました

エンジンの塗装ハゲについてはカーボン製のエンジンカバーを海外から輸入して取り付けました
ハーフカウル化の項に詳細があります

オイルのパイプについてもハーフカウル化の項で触れてますが

カチオン電着が剥がれているところをぺリぺリはがし
上からジンクリッチスプレーを筆塗致しました
ジンクリッチスプレーはCB400SBのエキパイ補修の際に購入して以来使い道がなかったためたくさんあったので(^_^;)

(2018/3/18の時点で錆が再度浮いたりとかいうこともなく良好です)

ラジエーター類については…
アルミ製で塗装も困難・・・
オイルクーラーも外すのは楽ですがやはりめんどいのでグダグダを隠す作戦にしました

コアガードをつければ見た目はばっちり良い物になるだろうと・・
VTRでつけたとき満足感が高かったので・・・

しかし高い…しかも物によってはラジエーターだけしか守ってくれません…

今回は両方ガードできるものを選びましたが、ここを金かけるのをよしとするか
価値観の問題なので・・・お勧めはあんましません

エーテックのコアガードを購入
どうもこの時期いろいろなポイントカードでたまったポイントを使うためにTポイントだかに変換して買ったためウェビックで購入したのですが
直じゃなくてyahoo!ショッピングで買ってしまったようで履歴がなかったです…3万円くらいのものを8000円引きで買いました

けっこうぺらいステンレス製で3点ボルト共締めになってます

取り付けの際気がついたのですが
ラジエーター下部のボルトが無くなってました・・
おそらくですが社外マフラーに代わっていたためその作業後に取り付け忘れたのだと思います
代替で用意しました

上の写真と比べれば差は歴然…ほぼ見た目アイテムです
そしてこれを1年間使った感想としては…
たまに外して掃除しないと汚れがひどいのと隙間から小石等が入り込んでしまうので直撃は避けられますがメンテが必要

カウルがあるとこんな感じで覗くと「おお・・!」ってな感じ
目立ちにくい

値段がもっと安ければねぇ…
ちなみにラジエーターのみをガードするタイプは安いのが出てます

やりようによってはホームセンターで部材買ってくればできそう…

カッコよくはないだろうけどね

戻る