マフラー交換


やっぱSBBは二本出しが良い!
そう感じたので(これの前の長野ツーリン時に)安価に変えるため
純正エキパイとスリップオンサイレンサーを落としました

純正エキパイを選んだ理由は純正に戻せるからです

状態の良い物がなかなか出ず・・・少しお高めだったのですが素晴らしい状態のものを落札
サイレンサー部は
これまた良いのが出ないので仕方なくそれなりのものをチョイス
まぁ状態悪くてもすきなTSRだからいいよね
みたいな

交換するにあたりガスケットとフランジ部に使うナットを用意しました




マフラーの状態を確認します
接合部に大量のゴム・・・液体ガスケットですね
過剰に塗られてました
腹が立ちましたがゴリゴリ落としました
幸いだったのはバンドが欠品じゃなかったこと…


ステー部がなぜかひん曲がってました
何があったんだぁ?ど素人さんがつけたんかいな?と憶測

バンドのボルトが死亡してたのでこれも注文しておきましたの

何故か純正部品もついてきたのですが状態がすごい悪い

仕方ないので持っている新品を下しました


(長いのはCB1300用です)



エキパイは3型用でした
困ったことにエキパイはどれがいいかわからず1型と3型はO2センサーの有り無しで判断できるのですが
2型は?
2型は結局のところ1型と同じもののようです
FI用と記載されて出てることが多いですがそれは3型ようでO2用穴がないものが1・2型用らしいです
キャップとしてボルトが突っ込んでありました
ガスケットなしで大丈夫かよ?と思ったので手持ちのものを挟んで締めなおしておきました

翌朝交換しました
これがめんどくせ・・・
フルカウルだと
カウル左右外し
センターカウル外し
オイルクーラー外し
ラジエーター固定外してずらして
やっとエキパイのフランジに到達
その前にサイレンサーのほうを外しておきましたがね(-_-)

ここで問題発生


スタッドボルトが合体してました
何本か合体してナット交換しようとしてたのに・・・これは無理なので再利用することにしました



横から見ると何でもないのですが外すと あらびっくり
5本のスタッドボルトが合体して取れませんでした

純正エキパイに交換
すべて設計されて動いたりしないので簡単に付けられました
写真無い(゚Д゚;)
他にも必要と思ってた部品を代替でほかのもので用意してたのですが
なぜか車体に残ってたり
中古で調達した部品についてたりとすべてそろい‥(;´Д`)





写真にとるときれいになる不思議…
すごいグダグダなんですけどね

以下ギャラリー












おおむね満足




戻る