CBR1100XXにグリップヒーター導入


本年(2017)も12月になり特段寒くないかなぁ…去年もしのげたから今年もいいや・・とか思っておりましたら
いきなり寒くなり我慢の限界(これはグローブのせいもあるけど)
グリップヒーターを導入することに
計画してもそのままお流れになることが多いのでちょうどセール中だったものを購入
やったね

以下グリップヒーターの取り付けではなくその前段階



例によって設定がないホンダのスポーツグリップヒーター
アタッチメントは今までCB400系とVFR系しか扱ったことがなかったけど今回はCB1300系のものに


そしたら防水カプラーだった
まぁ加工して付けるから関係ないけど
間にヒューズがデフォルトで入ってる


なぜか説明書が入ってなかったのでCB400系のものを流用
何回もやってるから必要なかったけどね

ブラックバードはタンク下の整備がめんどいのだがこれはタンクの保持が難しいためで…
今回は場所を確保して吊り下げて作業したため楽でした
タンクさえ何とかなれば言うほど大変な整備性でもない

タンクあげてすぐ異変に気付く

燃料のゴムホースがカシメ部分からにじんどる


ちなみにポンプ側もでした

とりあえずこれはこの日のうちにバイク屋に交換予約をしてきました


こないだ定期点検で掃除されてたのでそれほど汚くなかったです
純正フィルターも綺麗
それでも一応エア吹きしてやったら小石とか砂が出てきました

このBOXを外してやるとスロットルボディ



ここまでくればもう何も言うまい…
ワイヤー緩めて配線して
難なく装着…のはずでしたが



ケガをしました
左グリップが途中からなかなか入らず結局中途半端に…
あと4ミリなのに(´・ω・`)
このヒーターは内部が樹脂のパイプになっておりエアを送っても広がらないし
油で滑らそうとしてもダメだし…
あああ

一生懸命やってたら両手の親指の根元の皮がずる剥けになってるのに気がつかず
全治1週間です(実はVFR800に装着した際にも今回より軽いですが同じ目に遭いました)

とりあえず形だけで来たので
あとは不要になったシガーを撤去して



完了としました…

ドラレコも買ったんですがね…次回ですね

戻る