CBR1100XXのプラグコードを変えました

古い車種なので、購入時からこれはやるつもりでした。
しかし今回、別な動機でやることになりました。

実をいうと、愛車に迎えて7か月目のこと
走行中に「FIランプ」が点滅&点灯するようになりました
ネットで情報を拾ってみていろいろ調べたのですが「自分でやんのめんどくせw」ということでバイク屋に持って行きました
バイク屋さんも予測ではよく出るエラーコードが出ると思ってたらしく
まぁ自分もエラーコード25(ノッキングセンサー異常)が出ると思ってました
しかし・・・なんと違うエラーコードが出まして・・・

エラーコード9 吸気温度センサー異常

なんじゃそれ?(;´・ω・)
つまりはエアクリーナーボックス内についてるセンサーなんですけど・・・
これが原因かと言われると疑問が…
何故なら

止まってしまうほどならきっと重傷…とか思ってバイク屋に行ったのですが
「連休前だから仕事いっぱい、原因不明の故障はいつ直るかわからないから」と言われたため自分でできることだけやっておくことに

とりあえず
1、プラグのチェック
2、コードの交換
3、エンジン洗浄剤の投入
4、燃料の変更

以上を実行

何が原因かを知るためには一つっつやってくべきだが
しかしメンドイ
めんどいので
原因がわかんなくてもいいから直ればいいやwwww作戦に


1、プラグを調べる

CBR1100XXに限らずフルカバードのバイクの整備性は…言うまでもない


外した順に
4番

1番

3番

2番

特に異常はない…((+_+))
しいて言えば1番のプラグが緩かった気がする
心なしか1番のプラグが煤が少なく、一番きれいな気がする

2、プラグコード交換

NGK エヌジーケー 日本特殊陶業/パワーケーブル(プラグコード)
NGK エヌジーケー 日本特殊陶業/パワーケーブル(プラグコード) CBR1100XX


これは以前からしたかったので気合い入れてやりました
交換するプラグコードはNGKのもので
知ってる人は知ってるとおもいますがHONDAの大方の純正プラグは7ミリの線ですが
この社外(?)は8ミリと太い
コイルから直でさせないという欠点が
削って突っ込むという方法もあるのですが…実際やろうと思いましたが・・危険な気がしたので途中でやめました



エアクリーナーボックスのサイドに取り付けてあるので一旦タンクをずらしてやりました
Lが2番と3番
Rが1番と4番のものになりますR側から1、2、3、4と

R側のコイル一番近いところと一番遠いところの気筒を点火してるのでコードの長さが極端に違う
短いほうが1番で長いのが4番

L側は

少し長さが違う程度

ちなみに純正はコード自体に気筒番号が記載されてます

作業省略



車体色に合わせて青を選びましたが
ハーフカウル化した現在でも少しも露出されない部分なので(;´・ω・)

3、エンジン洗浄剤投入

以前から
これは入れてました有名なので

WAKOS ワコーズ/F-1 フューエルワン
WAKOS ワコーズ/F-1 フューエルワン

効果があったかと言われると
む~?
バイク屋に「もっと効きそうなやつ」を入れてみろと言われたので
こちらをチョイス

ウェビックでは扱ってないらしい・・・
とはいえ・・・数百円程度の差しかない
ちょっと高いくらいでした効き目は…わかんねw

4、レギュラーをハイオクに変更

これは効果あったと思われる
なんでかというとこれ単体ではなくプラグが一本緩かったのとセットで

自分はよく知らんかったのですが
端的に言うとハイオクは燃えにくいガソリンらしいのですが
実をいうと日本のハイオクはEUでのレギュラーよりオク単価が低い・・・らしい
自分のは北欧仕様だったかな?
逆車は「レギュラー」と説明書に書かれててもハイオクのほうが合うことが多いらしい

ハイオク高いかと言われるとそう感じたこともないので躊躇せず変更('Д')

燃費は変わらないと言われてた
言われたとおり変わらないw

以上をやった結果…
その後全くFIランプはつかなくなりました
良かった…


戻る