CB400SF/SB用社外ハンドル右スイッチの加工


タイトルの通りなのですが
なぜこのようなことをしたかというと

純正スイッチにニッシンのラジポンをつけているのですがラジポンの説明通りアクセルワイヤーの位置のせいで干渉してるんですよ実は
このアクセルワイヤーの位置を変えるために社外品のスロットルを使用したのです
そうするとスイッチと一体化の純正部品が使えなくなり結果スイッチも社外を使う羽目に
しかしまたまた問題
使おうとしていたメーカーのもので汎用品はハザードがなくディマとかライトOFFのスイッチが代わりについてるのです
専用部品ではハザードがついているのになぜ汎用品はついていないのか・・・しかも汎用のスイッチOFFの機能を封印するオプションは売ってる
ハゼハザード付きのを出さないのか…
まぁそこはいいとして結果的にハザードがついてるスイッチを選ぶためなじみのあるCB400SF/SB(NC39)用の物を注文しました

配線つなぎかえれば使えるのです

だがしかし問題が発生しました

純正のVFRスイッチはあってもCBのスイッチがないためおそらく社外品であるスイッチの配線は違う色に…
そうなると配線図の意味が…
注文して配線図がついていることを祈りました

使用したのはアクティブのCB400SF/SB用のスイッチ

カプラー形状が同じでぽんづけができるという画期的なもの
VFRとカプラ形状は同じですが配線がほぼ違います

説明書に接続図が載ってたのでこれを変換していくことができました

まずVFRとCB用のスイッチ配線色と接続を確認します

上記のようになります

カプラは接続する金具側から見ていることになります
ハザードの接続が双方で逆になっている以外は同じなのでそこを逆にしてつなぎかえるだけで使えます

手書きでメモ

わかんねw
書いていくと

 項目  ON OFF 
 キル  CB 橙/黒 橙     
 VFR 白/黒     
 スターター  CB 橙/白 黄/白  黄/赤  黄/緑 
 VFR 茶/青 青/白  黄/赤 
 ブレーキ  CB 黒/青 黒/赤     
 VFR 緑/黒 緑/黒     
 ハザード  CB 若草  灰  ピンク 
 VFR 茶/青  白/赤 赤/青

こんな感じです
VFRの緑/黒と茶/青は2線ありますがどっちにどっちをつないでも同じことになります
緑/青はブレーキの回線で
茶/青は純正部品のものは配線途中で合流してます

取り付けは割愛

ただいまこんな感じです
他もやったけどまだ編集してないです

戻る