ビキニカウルとアンダーカウルの取り付け

ネイキッドの強みはカスタム幅が広いってことですが
カウルがついてると高速で楽なこと考えるとわざわざつけるのも手
今回はコワーズのものを装備





アンダーカウルは状態の良い物をオークションで落としました
部品は全部ついているということでしたが懸架するためのロッド周辺の部品が丸ごとありませんでした
コーナンで代替品を調達



幸いだったのは専用のブラケットはあったことです


汎用部品で代替すると難しいからね
ステンに変更可能な部分は調達して交換
ステンの長ナットって結構高いのね…モノタロウとかで調達



なかなか面白いシステム



中古品なので仕方ないですがおもらし染みが・・・
VTRは排泄(w)の管が左下に出てるけどそれが内側に来てしまうので(^_^;)


ノーマルマフラー



社外マフラーでも干渉することはありませんでした


かっこいい(*ノωノ)

そのままでは左の水冷液のラインにナットが干渉してしまうので穴が開くと困る・・・
何かいいのないかと探したらVFRのブローバイホースをカットしたものがぴったり合うという奇跡

これで穴が開く心配はない(*´Д`)

ビキニカウルも
これは新品購入
ただし納期が少しかかりました


なかなか良いです





ついでに純正シュラウドがほしかったのですがかないませんでした…
これはこれでかっこいいのでお勧めです
できれば妥協して安いのを買わずにカーボンを(*´Д`)



戻る