VTR250フルパニア化計画 前編

バイクって積載量ナンて考えてはいけない気がするのです
箱はダサい!だからつけない!

と、箱をあんなに否定していた自分がVFR800で結局しなかったフルパニア化をVTR250に施そうという計画
なんせVFRの専用品は社外リアサスの一番低いヴァージョンが買えてしまう値段
箱のくせに生意気な‼とか思ってしまうのも当然である(?)

リアボックスだけにこだわれば違う道もあったかもですがなぜかリアボックスより先にサイドボックスが頭に浮かび
何故か考えてみるとタナックスから販売されているサイドバッグ系を買おうか悩んでいたのでだと思う…

どうせならハードケースが良い!と

ネットでVTRにサイドボックスをつけた例がいくつか出てきたのですがワンオフでマウントを作っていたので対人恐怖症(嘘)の私はそんなのたのめな~いと自作することにしました
あと必要ない時には箱をパージできる仕様にしたいと計画

とりあえず物がないと始まらないので中国製と思しき4000円の箱を注文したのですがこれがクッソ過ぎて手直ししないと使えない
で・・・結局手直し途中で放りだしました
合わせメンドイ

ネットでセール中だった旭精機のチャンピオンバッグを選び注文
左右で2万円しませんでしたタナックスのサイドバッグより安い

左右頼んだせいかテープとバンドで縛られて一つの荷物になって到着



こんな感じです
マウント用のブラケットが付属しますがどうやらツインショックに合わせて作られているらしく


ほう・・・適当…などと独り言を言いつつ
最初はBOXにくっついているでっかいマウントを会社に持って行って高速カッターを使って切ろうと思いましたが持って行ったところでなんか切るのもったいないなぁと思い部材を買ってきてオリジナルのマウントをこさえてやろうと思いつきました

メモ

ボルトでマウントに締め付けてあるのですが合成樹脂製なのでボルトナットのみだと怖いので側面に厚めの金属板を共締めすることに

けっこう高かったです
ワンオフにしても良かったかも?とも思いながら部品を集めていきます

てけとーに書いた図面

自分用なので問題なしw
1~7までの部品を使う場所が4か所と8~10の部品を使うのが2か所なので省略
ちゃっちゃ組み立てます

ブラケット類はホームセンターで販売していたものがほぼそのまま使えました
ですが自分が買いたいブラケットが4個しか置いておらず8個必要だったので仕方なく穴が合うけど長さが合わないものを4個調達

スチール製のブラケットは三価青クロメートらしく色が気に入らなかったので塗りました


自分が気に入らないだけですがさらに防錆能力は上がったかな?みたいな

そして穴位置が合うけど長いブラケットのほうは・・

穴位置が結局合ませんでしたので(^_^;)
新たに穴をあけました代わりに真ん中に穴をあける手間がなかったので良しとします


仮組をしました
この時M8のボルトがなかったのでM6とかやっつけ

箱下にはみ出ました
気に入らないので切除しました





基礎マウントはブラケットCと30ミリ厚のカラーです
VTRの荷掛けフックと交換です
ブラケットCと30ミリ厚のカラーを共締めして完成します(写真は後ページ

だがこの後組み付けて困ったことにヘルメットロックが使用できなくなることは事前の調査でわかっていましたが
それと同時にシートロックが開けられない様になってしまいました!
これは困るということで合鍵を作ってもらいいらない部分をへし折って小さいシートロック解除用のカギを作成

プラリペアでつかみ部分も作成

この次の日に試走に行ったわけですが
これがなかなか良かったのです

しかしこの状態では当初の目的である簡単にパージできるという目的が達せられていません
理由はもともと図面を書いた中で番号が振っていない図のど真ん中に来ているボルトのせいで
最初はレンチを使って外せるように頭が六角の物を買うはずでしたが何をぼけているのかキャップ(六角レンチで回すやつ)を買ってきてしまいカラーで作ったスキマは10㎜だったため六角レンチが入らない仕様に…

これで完成でもよかったのですがやはりシートバッグに重量物を入れるとだんだん緩む現象がちょっと気になるので固定できるリアボックスの導入をすることにしました

後編へ

戻る