VTR250フルパニア化計画 後編

部屋に転がってたグラブバーを使えないか思案したのですがパイプクランプ等を使ったとしてもズレる可能性が大きく溶接・・はメンドイそして格好も悪い…かな?と思いまして

セールが延長された某ネットショップサイトで箱とキャリアを購入
何種類かありましたがデイトナのものをチョイスしました

しかしネット上でキャリアの取り付けを見ると自分がサイドボックスをつるしている場所につけていることが判明
更に共締めするにしてもt30のカラーが居座ってるので変更することにしました

実際説明書は荷掛けフックを交換する形でM8x50で締め付けるようになってます
付属カラーとキャリアフレームの厚みをノギスで測ったところカラーが10㎜フレームが5ミリだったので新たにカラー15ミリを・・・と探しましたがないので10㎜10個と5ミリ10個を調達しました

ちなみに普通に2個入りとかのカラーを買うよりポッシュのプロなんたらって10個入りの物を買う方が割安です


ということで組み付け完成
簡単(*´▽`*)
とか思ってましたが
ここで予想外の問題が

なんとボックスと車体の間を狭くするためにM8x30のボルトでサイドボックスを固定してたのですがそれだとキャリアの前方先端に干渉して箱が開かないことが発覚

仕方ないので作業を一時中断しM8x45のボルトを調達して間にカラーを挟み込むことで解決させました

ついでに簡単に外せる仕組みも導入

フランジナットを数個使い
ボルト>ワッシャー>フランジナット
で箱側にボルトを固定し
ブラケットの穴に通してフランジナットで固定するという方法にしたのでスパナがあれば数分で外せるようになりました

これその場での思い付き( ゚Д゚)


リアボックス用のマウントをキャリアに固定しました
樹脂製で丸みがあるので格好悪いかと思いましたがそうでもなかったです


サイドボックス装着



更にシートバッグもつけられます



リアボックスをつけるとこんな感じ
スゲーでかく感じてたのですが実際つけるとそうでもない・・・



もういろんな人がつけてるせいで見慣れてるのか違和感がない…


でもやっぱりでかいかもしれませんね
トラックやバスが接近しすぎるとテールランプが見えずブレーキに気づかれないかも…
そんな接近するトラックとかいないか



案外スマートに見えます

この顔どっかで…サガ2の先生がこんな顔だったような・・・
気のせいか



外します

こんな感じです


サイドボックス用のマウントが少しアレな感じですが全体的にすっきりしてるかと思います

自分的には満足いくカスタムでした

前編へ

戻る